涙に負けちゃダメ!友人の借金を絶対断らないといけない理由

お金に困っていない人と、お金に困っている人なら、後者の人の方が圧倒的に多いでしょう。収支はカツカツだけど、なんとか生活できている…という程度であればまだしも、お金が足りずに借金せざるを得ないという人もいます。「ごめん!お金を貸して!」と友人に言われた時、100円とか、ジュース1本分、1000円…という位の少ない金額なら、まだ気軽に貸してしまう人もいるでしょう。しかし、それが10万円、100万円、1000万円…と、高額の借金のお願いならどうでしょうか?

「誰かにお金を貸すなら、そのお金はあげたものと思いなさい」と、よく言われる事があります。この言葉の意味は様々ですが、「貸したお金は、必ず返ってくるとは限らない」という事を表現したもの、という意見が多いのではないでしょうか?どんなに信頼できる人、お世話になった人でも、高額のお金を貸すのはよくない事とされています。それは、万一お金が返ってこなかった時にトラブルになるからです。お金の貸し借りが原因で揉めてしまう、という事は多いですよね。最悪、傷害や殺人等の事件になってしまう事もあります。この段階になってしまうと、例え親友だった人でも、憎たらしい人になっているかもしれません。お金の貸し借りは、人間関係を崩しかねないのです。

借金のお願いをする人の中には、「お金を貸してくれ、友人じゃないか!」と言う人もいて、困ってしまうという事もありますよね。しかし、そもそも「友人だからお金を貸す」というのは大きな間違いです。本当の友人であれば、万一絶縁されてしまう可能性がある借金のお願いなど、簡単にできるものではありません。ですから、自分自身の財産を守るためにも、例え泣き落としをされても、借金のお願いは断らなくてはなりません。そんな時、借金のお願いを断るにはどう言うのがいいでしょうか?

基本的には、「お金がない」と言うのが無難です。「子供を育てるのにお金が必要だから、ウチも結構生活がカツカツで…」「実は俺も借金してて。今月の返済も迫ってるし…。」「この前、事故に遭って、車を買い換えたばっかりなんだよ。」等々、所持金の余裕がない事を伝える言葉は沢山ありますよね。

しかし、相手にとってあなたが裕福に見えていたり、お金を持っていると知られている事もあります。そういう時は「お金はあるけど、自分に払う事は出来ない」という事を伝えるのがいいでしょう。例えば、「うちのお金の管理は夫(妻)がやっているから、私の一存でお金を貸す事はできないの。ごめんね。」「我が家の家訓として、お金の貸し借りはしちゃいけないって決まってるから…。」等の言い方だとスマートです。

仕事等の頼みごとを断る時は、「無理」「出来ない」等の否定する言葉は、強い意味に聞こえてしまうのであまり使わないようにしましょう、と言われる事が多いですよね。借金のお願いを断る時は、曖昧な言い方をして誤魔化すと、「もしかしたら、貸してくれるのかな?」と思われてしまうかもしれません。ですから、あえてこれらの言葉を使い、はっきりと「お金は貸せない」という意志を伝えるのも良いでしょう。但し、相手を突き放すように言うのは反感を買ってしまう事もあるので控えて下さいね。あくまで、表情は笑顔で、申し訳なさそうにして、言葉だけ「ごめんなさい、無理です…。」と、はっきり否定するように言うのが断りやすくなるポイントです。

ちなみに、利息が安いカードローンとか、条件の良いキャッシングを探したり、債務整理のプロ等に相談するとか、お金を貸す以外の方法で借金をなくす協力をするというのもアリです。